【Kaprow Khun Phor(ガパオ クン ポー)】辛さは16段階!日本人の口にも合う本格的ガパオ。

ご飯

こんばんは、たけまるです🐈

久しぶりに寝違えました、後ろ?に寝違えたのか、上が向けない笑

左右は向けるので、生活にはあまり支障なく過ごせています〜

さて先日、私のリクエストでバーガーを食べに旦那さんと出かけたんですが、そちらが定休日で空いておらず、、

近くを歩いて、たまたま入ったガパオ専門店が美味しかったんですよ。

お店の名前は、「Kaprow Khun Phor(ガパオ クン ポー)」

和訳すると、お父さんのガパオという意味だそうです!

今回はアソークの店舗に行ったのですが、シーロムにも店舗があるようですね。

それでは、選べる辛さは16段階!日本人の口にも合うガパオ「Kaprow Khun Phor(ガパオ クン ポー)」ご紹介します〜

Kaprow Khun Phor(ガパオ クン ポー)の立地

Kaprow Khun Phor(ガパオ クン ポー)は、BTSアソークから歩いて7分程。

駅を降りたら、スクンビット21(アソークモントリー通り?)を北に進んで右手にあります。

入り口はこんな感じです。

外看板はタイ語のみ、メニューもタイ語かなあという不安を抱えつつ、旦那さんがいたので躊躇なく入れました笑

Kaprow Khun Phor(ガパオ クン ポー) 店内の様子

店内は4名掛けのテーブル席が中心です。

クーラーも効いていて、小綺麗なカフェみたいな感じ。

私たちが行った時は、他のお客さんはほぼタイ人でした〜

タイ人が食べに来るガパオ、きっと美味しいんだろうなと期待が高まります。

Kaprow Khun Phor(ガパオ クン ポー) メニュー

席に着くと店員さんが人数分メニューを持ってきてくれました。

表紙がおしゃれ〜、ちょっとしたこだわりが随所に垣間見えます。

ガパオの種類がたくさん〜、そして日本語で書いてある!

写真もたくさんで、タイに慣れていない方も頼みやすいメニューです。

お値段も肉系は80〜130THBと良心的。

変わり種もありました、この辺や魚介系は少しお値段上がりますね。

そして、お店の特徴はこちら〜

まず、ご飯が白ご飯と玄米ご飯、ミックスの3種類から選べます。

店員さんによると、白ご飯は糖質が抑えられていて、玄米ご飯はビタミンが豊富でオススメだそうです!

タイでも糖質オフのご飯あるんですね〜、嬉しい〜

ちなみにミックスを選ぶと、具材が予め混ざった状態で提供されます。

次に、右ページを見ると、辛さの段階表があります〜

最大で16レベル!唐辛子の数が恐ろしいです、、

タイ料理屋さんで辛さの調整をお願いしても、作る人によって変わるので、こうやって表にされていると安心ですね!

今回はこちらを注文。

豚ひき肉のガパオライス 79THB +たまご(値段忘れました、、)

たまごがハート形で可愛い!写真映えします。

味は旦那さんが辛さ0.5、私が1にして、どちらも辛すぎず美味しかったです!

個人的な感覚でいうと、1はカレーでいう中辛くらいのイメージ。

糖質オフの白ご飯は、タイ米だそうですが、白米に近い食べやすさがあり美味しかったです〜

タイ料理食べたいけど、屋台はハードル高いなあって人にもオススメです!

是非行ってみてください〜

Kaprow Khun Phor(ガパオ クン ポー) 店舗詳細

住所 Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110

最寄駅 BTSアソーク

営業時間 11:00〜20:00(日曜定休日)

HP

言語 タイ語、英語(メニュー表記は日本語もあり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました